アレキサンドライト、ヤグ、ダイオードの違いと向いている毛質について

医療脱毛とは、医療レーザー脱毛機を使用して行う脱毛のことです。

医療レーザーには3つの種類があり、

それぞれ特徴や向いている部位が違います。

  • 3種類のレーザーの仕組み
  • どんな肌、部位の脱毛に向いているのか
  • メリット&デメリット

などについて、わかりやすく説明していきます。

医療脱毛をやりたいけれど、種類とかよくわからなくて不安…」と感じている人に

読んでもらえたらと思います。

医療レーザーの種類と比較

鉱物レーザーと半導体レーザーの違い

医療レーザーには3つの種類があリます。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ヤグレーザー(YAG)
  • ダイオードレーザー(HR式、SHR式)

この中では、最近はアレキサンドライトレーザーという名前を

よく見たこと(聞いたこと)があるのではないかと思います。

 

3つの医療レーザー光線は属性的には2つに分類されます。

宝石(鉱物)か半導体か、と理解すればOKです。

↓    ↓    ↓    ↓

  • 鉱物媒体レーザー…アレキサンドライト、ヤグ(YAG
  • 半導体媒体レーザー…ダイオードレーザー(HR式、SHR式)

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザは同じ分類のレーザーなのです。

桜井チカ桜井チカ

鉱物レーザーとは宝石にレーザー光線を通して、
威力や広がりを大きくしたもの、とイメージすると理解しやすいと思います。

アレキサンドライトレーザー(鉱物触媒)

アレキサンドライトレーザーは全身脱毛に使えて美肌効果もある

最近、「医療レーザー脱毛といえばこれ」とメジャーで、

多くのクリニックに導入されています。

アレキサンドライトという宝石を使用していることから名付けられました。

 

レーザーが毛根のメラニン色素に反応し、

毛の再生細胞を破壊することで脱毛できます。

 

毛周期のうち成長期の毛にしか効果がないので、

毛周期にに沿って脱毛の施術を受ける必要があります。

桜井チカ桜井チカ

細胞を破壊する行為=身体を傷つける医療行為なので、
レーザー脱毛は医療でしか扱うことができないのです。
エステ脱毛は細胞を破壊しない光(フラッシュなど)を使用しています。

アレキサンドライトレーザーのメリット&デメリット

メリット

  • 日本人の肌に合っている
  • 冷却ガスで皮膚を冷やしながら脱毛ができる(冷却ジェルがいらない
  • 平均的な毛量の女性の脱毛なら太い毛から細い毛までオールマイティー
  • 美肌効果(シミやニキビにも)

 

デメリット

  • 日焼け肌、黒ずみには対応できない(ヤケドする)
  • 濃い毛には痛みを感じる
  • ダイオードレーザーよりも施術時間が長い(スポット打ちするため)
桜井チカ桜井チカ

脱毛の冷却ジェルが苦手」という人は実は結構多いです。

あのヒヤッとした冷たさが…。特に冬場は地味に辛いんですよね…。

これが原因で脱毛サロン通い続けられなくなる人が少なくないと、

医療脱毛クリニックスタッフさんに聞きました。

多少痛くても、肌トラブルがあっても冷たい思いしたくない人向き。

アレキサンドライトレーザーを照射できる機種と導入クリニック

ジェントルレーズ 湘南美容クリニック

渋谷美容外科クリニック

表参道スキンクリニック

ジェントルレーズpro  レジーナクリニック

アリシアクリニック

どちらもシネロン・キャンデラという医療脱毛メーカーのものです。

ヤグレーザー(鉱物触媒)

アレキサンドライトでは効果が得づらい剛毛、濃い毛、男性の脱毛にはヤグレーザーが向いています

YAG(ヤグ)とは、

イットリウム・アルミニウム・ガーネットの頭文字を表しています。

桜井チカ桜井チカ

「ヤグ」という言葉の響きがちょっと強めで、
日本語で聞きなれないので「怖め、強め」なイメージを持っていましたが、
人工的に作られたガーネットだと思うと、なんだ印象が変わりますね。(笑)


アレキサンドライトレーザーと同じく鉱物触媒の医療レーザー光線ですが、

ヤグは波長がかなり長い(1064nm)のが特徴。

 

他の医療レーザーでは脱毛効果が感じにくい、

濃い毛や毛穴深く生えている毛にも脱毛効果を与えることができます。

  • 性毛…ワキ、VIO、男性の胸毛、ヒゲなどに威力を発揮
  • 効果が高=出力パワーが大きい→痛みが強い※※
  • 炎症、毛嚢炎、乾燥などの肌トラブルや副作用のリスク

※※アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを比べてみた場合。(痛みを感じるのに個人差あり)

桜井チカ桜井チカ

男性の脱毛はヤグレーザー中心に行うので、
女性よりも痛いし辛い」というのをよく聞くわけですね。

ヤグレーザーのメリット&デメリット

メリット

  • 根深い、しつこい、頑固な部位に効果が大きい
  • 日焼け肌、地黒肌、色素沈着部位でも対応できる

 

同じ鉱物触媒レーザーなのに、

どうしてヤグの方は日焼け肌でも大丈夫なのか?

なぜなら、

日本人の肌は肌の表面(上の方)にメラニン色素が多いので、

波長の短いアレキサンドライトレーザーを当てると

ヤケドのリスクが高まります。

 

これに対して、

ヤグは波長が長いので肌の奥にレーザーが届くため、

ヤケドのリスクはアレクサンドライトよりも低い、というわけです。

 

デメリット

  • かなり痛い※※
  • 肌トラブル、副作用が起きやすい

※※アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー、ダイオードレーザーを比較して。(個人差あり)

ヤグレーザーの後に赤くなる

毛穴周辺が赤くなったり、

毛嚢炎になったり、などなど。

桜井チカ桜井チカ

肌が弱い人は肌トラブルが元に戻るまで

1週間から10日、それ以上かかる場合も。

※個人差あり。

肌トラブルや副作用を理解した上で、

なかなか終わらないVIOなどの施術に使います。

カウンセリングやドクターの問診の時にしっかり相談しましょう。

ヤグレーザーを照射できる機種と導入クリニック

ジェントルヤグ リゼクリニック

渋谷美容外科クリニック

※メンズの脱毛を行うクリニックでは広く使われています。

アレクサンドライトとヤグを両方兼ねている脱毛マシンもある

クラリティはアレクサンドライトとヤグの両方を搭載している医療レーザーマシンです

ルートロニック社から出ている、

クラリティというレーザー脱毛器は

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを1台で両方兼ね備えているマシンです。

桜井チカ桜井チカ

照射前後に常に冷却風が当たるようになっているので、
施術中は「ブオーッ」とドライヤーのような音がします。

クラリティツイン  レジーナクリニック

クラリティを扱っているクリニックはあまり多くないです。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは2種類あります。

↓    ↓    ↓    ↓

  • HR式(レーザー式)
  • SHR式(蓄熱式)

HR式の特徴

ライトシェアデュエットはダイオードレーザーHR式の脱毛器です

これも毛根のメラニン色素に反応するタイプのレーザー。

毛根周辺の毛乳頭にダメージを与えて破壊することで脱毛効果を得られます。

 

写真の機械はライトシェアデュエットというメジャーな脱毛医療マシンで、

多くの医療脱毛を扱うクリニックに導入されています。

2019年現在では少し古めになる機械ですが、

機能的に最新のものと比べて劣る、というわけではないです。

(まだまだメリットは沢山あります)

桜井チカ桜井チカ

脱毛マシンはそれぞれ違った特徴があるので、

比べてどっちが劣る、と簡単に比較することは難しいです。

クリニックでのカウンセリングでしっかりと相談して、

自分にあった医療脱毛マシンを使って脱毛する事が大事です。


特徴として、

皮膚を(掃除機みたいなもので)吸引して引っ張り、

狙った毛根にピンポイントでレーザーを当てることができる、というメカニズムです。

大きめの広いヘッドと、

細かい部分に当てる細いヘッドを付け替えて全身脱毛に対応します。

ダイオードレーザーHR式のメリット&デメリット

メリット

  • レーザー脱毛の中では痛みが少ない方
  • 施術時間が短い
  • 産毛にも効果がある
  • 打ち漏れが少ない

デメリット

  • 脱毛以外の美肌効果はない
  • 体毛が剛毛の場合には効果が出づらい場合も
桜井チカ桜井チカ

ちなみに、私は脱毛クリニックに脱毛以外の効果を期待していなかったので、

デメリットには感じません。

ダイオードレーザーHR式を照射できる機種と導入しているクリニック

ライトシェアデュエット アリシアクリニック

リゼクリニック

ドクター松井クリニック

ビューティースキンクリニック

クレアクリニック

など

ベクタス フェミークリニック

銀座藤井クリニック

など

ダイオードレーザーSHR(蓄熱)式

メディオスターネクストプロはダイオードレーザーSHR式です

最近、かなりメジャーになりつつある医療用SHR(蓄熱式)脱毛方式です。

一番の大きな違いは、

ビーッと当てる一本のレーザー光線ではなく、

ジワーッと広範囲にレーザーの光を当てていくところです。

 

出力パワーの低い熱エネルギー(65度前後、熱めのお湯みたいな)を、

少しずつ蓄積させていく事で、脱毛効果が現れます。

高温のレーザーで毛根を焼く他のレーザーと比べると痛みが少ないのが特徴です。

 

蓄熱式のレーザーは、1秒ごとに出るレーザーのショット数が多い(連射ができる)ため、

短い施術時間で広い範囲にレーザーを当てる事ができます。

 

蓄熱式(SHR式)脱毛は、

他のレーザー脱毛と違い、メラニン色素に反応するものではなく、

SHR(蓄熱式)脱毛は毛根ではなく、バルジ領域へアプローチして脱毛する

バルジ領域という部分にダメージを与えて、徐々に脱毛をしていきます。

 

バルジ領域は、ざっくりいうと

毛を生やすように毛母細胞に指令を出している部分」です。

 

メラニン色素には反応しないので、

地黒肌の人や日焼け肌のも脱毛施術を受ける事ができます。

また、

体毛の色が黒くない人、(金髪、白髪)

細くて効果が出にくい産毛などの脱毛にも対応できます。

 

ダイオードレーザーSHR(蓄熱)式のメリット&デメリット

メリット

  • アレキサンドライトやヤグに比べて痛みが少ない
  • 施術時間が短くて済む
  • 日焼け肌、地黒肌でも施術ができる
  • 産毛の脱毛もできる
  • 毛周期に関係なく施術ができる
  • 打ち漏れが少ない

デメリット

  • 美肌効果はない
  • 体毛がとても濃い、剛毛の人には効果が出にくい事もある
  • 最初のうちはアレキサンドライトやヤグほど施術直後の実感が感じにくい
桜井チカ桜井チカ

アレキサンドライトやヤグは施術直後に毛がポロポロ取れて、
「脱毛効果が出た!」と実感しやすいですが、
SHR(蓄熱)式は直後には毛が抜けないんです。

ダイオードレーザーを照射できる機種と導入しているクリニック

メディオスター リゼクリニック

フレイアクリニック(体験記あり)

湘南美容クリニック

など

ソプラノアイス・プラチナム レジーナクリニック

聖心美容クリニック

ビューティースキンクリニック

など

医療レーザー3種類の比較表

アレキサンドライト ヤグ ダイオード(HR式) ダイオード(SHR式)
向いている毛   全般○

うぶ毛×

  剛毛○

うぶ毛×

  全般○  全般○

うぶ毛○

金髪○

白髪○

痛み   △

VIOは痛い

  ×

痛い

  ○   ◎
日焼け肌  ×  ○  △   ◎
肌トラブルのリスクが少ないか  

 

  △   ◎   ◎
冷却ジェル   なし   なし   なし   あり

色々長くなりましたが、

ざっくりと、

↓    ↓    ↓    ↓

  • アレキサンドライトレーザー…毛量は普通だなと思っている人、脱毛&美肌も期待したい人向け。
  • ヤグ(YAG)レーザー…毛が人よりも濃い人
  • ダイオードレーザー…痛みに弱い人、肌が弱い人、日焼け肌の人

といイメージを掴んでいれば、

医療脱毛クリニックでのカウンセリング時に質問もしやすくなると思います。

桜井チカ桜井チカ

医療脱毛レーザーは、何度も施術を受けていれば、
どの種類のレーザーでも脱毛の効果はしっかり出るはずです。

医療脱毛とエステ脱毛の違いについて

エステ脱毛は医療行為ではないので、

細胞を破壊しない程度の出力のマシンを使って、

減毛、抑毛をしていきます。

 

最近、SHR(蓄熱)式のエステ脱毛マシンを扱うエステサロンも増えてきました。

医療のSHR脱毛と混同しがちですが、

医療用レーザー光線か、そうでないか(大きなくくりではエステは光脱毛である

この点を理解しておけば大丈夫だと思います。

 

エステ脱毛は出力パワーが医療よりも低いので、

当然、サロンに通う回数は医療クリニック脱毛に通う回数よりも多くなります。

それでも、

お肌へのダメージや痛みは少ないという利点もあるので、

「本当に自分は肌が弱いので、あえてエステ脱毛に通いたい」という選択をする人もいます。

桜井チカ桜井チカ

医療脱毛にも細かく種類があって、
一番最初に自分が受けたものはどれだったのか?実はわかりませんでした。
(後から推測するに、アレキサンドライトレーザーだったのかな?と)
肌が弱くて毛嚢炎になってしまいましたが、
施術を受けたクリニックでお薬を処方してもらいました。
VIOはやはり痛かったです(笑)

※脱毛マシンはクリニック側が肌質や毛質に合わせて選んでくれるものなので、

自分が選択することはできません。

ただ、

「あ、ヤグレーザーなんだ」という意識があるのとないのとでは、

色々な意味で違ってくると思うので、

脱毛マシンについての知識は持っておいて損はないと思います。

 

こちらの記事も参考にどうぞ。

↓    ↓    ↓    ↓

VIO脱毛の前処理のやり方

⇒VIO脱毛の前処理をどうやったらいいのか?についてまとめた記事です。

 

医療脱毛クリニックだと、

シェービング料がかからないところも増えてきました。

ただし、

その分施術の時間が長くかかってしまうので、

基本的には脱毛前にセルフシェービングをした方がスムーズですよ。