医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

脱毛には大きくわけて医療脱毛とエステ脱毛の2種類あります。

美容電気脱毛(ニードル脱毛、スーパー脱毛)も入れると3種類に)

どちを選べばよいか迷ってしまう人もいるかもしれません。

  • 医療レーザー、エステサロン脱毛、美容電気脱毛を全部を体験した
  • 肌は弱くてただれケロイド跡残りするタイプ

こんなわたしの体験談を書いていきますので参考にしていただけたらと思います。

 

医療脱毛の良いところ

 

ざっくり言うと、

医療脱毛は細胞を破壊するレベルのパワーのレーザー光線を使用して

脱毛=医療行為を行うことができる点が

エステと大きく違うところです。

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

医療レーザー脱毛(アレキサンドラレーザー)のメリットは、

医療免許を持った人が脱毛を担当してくれるところです。

説明もしっかりしてくれますし、

脱毛による肌トラブルなどがあったときでもすぐに相談できます。

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

脱毛のためにクリニックに通う回数が少ないのも医療脱毛の良いところと言えます。

医療脱毛のレーザーは出力パワーが強く効果を実感しやすいので、

何年もクリニックに通い続ける必要はありません。

私はワキとヒジ下&ヒザ下脱毛に2ヵ月に1回の頻度で

1年ほどクリニックに通いました。

1年という期間は脱毛するにはかなり短いほうです。

(今のところ脱毛したところはツルツルです)

 

レーザーのパワーが比較的弱いエステ脱毛なら、

2倍程度の時間がかかったはずです。

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

短期間で施術を終えられるということは、

(施術費用はエステ脱毛よりも高い設定ですが、)

クリニックに通う手間や交通費が抑えられるということなので、

トータルで考えて少しでも時間とお金を節約したい人にはピッタリです。

医療レーザー脱毛のデメリット

 

一見、良いところだらけのように思える医療レーザー脱毛ですが、

デメリットがないわけでもありません。

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

 

肌が弱いので施術したところが赤くただれてしまいブツブツと湿疹(発疹)ができたことです…。

※個人差があって、そんなに跡がひどくならない人もいます。

 

※ためしに自分の腕の内側の柔らかい部分をひっかいてみて、

数秒後にに赤くなるような肌質の人は要注意です!

 

レーザーの出力が強いということはそれだけ肌に負担をかけているということなので、

肌が弱い人は注意が必要です。

人によっては元の状態に戻るのに10日くらいかかることもあります。

(わたしはただれた肌が元通りになるまで2週間以上かかりました…。)

 

腕やひざ下の医療レーザー脱毛の背術は、

肌を露出する季節に大事なイベントやデートを控えている時は

その2週間くらい前には済ませておくことをおすすめします。

 

VIOの医療脱毛はかなり痛い場合が

 

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

医療レーザーを当てるとビリっとした痛みが走ります。

よく、輪ゴムを弾いたみたいな痛さと例えられてますが、そんな感じです。

施術箇所によっては涙が出るほどの痛みです。

それにもかかわらず、施術では基本的に麻酔をしない場合が多いみたいです。

 

(※これはクリニックの方針によりけりですが、

わたしがやったところでは麻酔は無しでした。

数人の友達も同様に基本は麻酔しなかったと言ってました。)

 

VIOなどデリケートでかつ毛量が多いところは、覚悟して臨む必要があります。

Iラインはかなり痛いです。

 

追記

体験談サイトとかを見ると「麻酔あり」のところも結構見かけます。

カウンセリングの時に「麻酔使いますか?」と聞いてみてから決めるのもありだと思います。

 

エステ脱毛の良いところ

 

エステ脱毛は医療行為ではなくエステサロンのサービスという形です。

エステのフェイシャル・ボディマッサージの延長上のサービスという位置付け。

 

肌の弱い人でも受けやすい

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

エステ脱毛はレーザーの威力が比較的弱いので、

肌の弱い人でも安心できるメリットがあります。

最新のSHR脱毛を行えば「エステ脱毛でもしっかり実感があり

毛穴引き締めやリフトアップ作用も得られるので一挙両得です。

 

 

クリニックとは違い担当者のほとんどが女性なので、

女性だけと関わって脱毛したいならエステ脱毛がおすすめです。

男女の医師がいるクリニックでは、

基本的に担当者を指名することはできません。

(※監修のお医者さんが男性で施術は女性の看護師さんがやります)

 

エステ脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

肌トラブルの心配はほぼ心配なさそうなエステ脱毛ですが、

デメリットはあります。

 

脱毛の実感がなかなか持てない

 

医療脱毛とは違い、

脱毛の実感が得られるのに時間がかかります。

医療脱毛に比べたら長期間エステサロンに通い続けなければいけません。

 

長い期間脱毛中のスキンケアや紫外線対策に気を配らないといけない

 

脱毛期間中は日焼け対策のために肌の露出ができなかったり保湿スキンケアを徹底したりと、

何かと肌の状態に気をつけなければなりません。

エステ脱毛で毛を減らしたいなら、

全身脱毛の場合なら2年〜3年程度はそのような状態が続くことを覚悟してください。

 

実は医療脱毛もエステ脱毛もトータルでかかるお金にそこまで差はない

 

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

1回あたりの施術料金は、

医療脱毛の方がエステ脱毛よりも多くかかります。

クリニックやサロンごとに料金設定は異なりますが、

ほとんどのクリニックでは、

サロンよりも1回あたりの料金は高く設定されています。

 

 

最近はクリニックでも痛くない蓄熱式(SHR)を採用しているところもある

 

最近は美容皮膚科クリニックでの脱毛もSHRを採用していたりしますよね。

おそらくサロンよりも出力が高いので、

多少エステサロン脱毛よりもお金がかかっても通う回数が少ない方が良い人にはオススメです。

↓    ↓    ↓    ↓

医療SHR脱毛のフレイアクリニックに実際に通ってみた効果&口コミ

⇒新宿駅から徒歩3分の格安の蓄熱式医療脱毛クリニックに通ってみたので口コミレビュー記事です。

 

最近は医療脱毛もかなり安くなってきている

 

割と新しい医療脱毛サロンだと、

私がやった時よりもかなりお値段もお安く設定されていて驚きです。

 

最近よく中吊り広告で見かける医療脱毛サロンとかは

エステよりちょっと高いくらいで通いやすいですね。

 

 

1回の施術料金が安いエステ脱毛も、

何回も通えばトータルコストは医療脱毛くらいになるので、

金額が医療脱毛かエステ脱毛かを決める決定打にはなりません。

サービスや肌の強い弱い、施術期間などによって決めたほうが良いでしょう。

 

エステ脱毛と医療脱毛と美容電気脱毛の併用もおすすめです

 

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛とどっちが良いの?実際に両方体験しました。

ベストなやり方は医療脱毛とエステ脱毛を組み合わせることです。

ワキなどは医療のが早く、(6回通ってツルツル)

痛みもひざ下ひじ下などよりは痛くなかったです。

 

うなじや背中、太もも、二の腕などの産毛はエステ脱毛のほうが良いかなと思いました。

毛量が多く肌が弱いという人は、

エステ脱毛で毛をある程度減らしてから医療脱毛を行うこともできます。

 

VIOに関しては、

エステ脱毛のほうが向いている点も多くあります。

エステ脱毛は毛を細く短くしていく方法なので、

基本的にツルツルにすることを目的にしていません。

 

VIOの場合はアンダーヘアが薄くイイ感じになったところで止められます。

自然と元からアンダーヘアが薄い人のようになれれば、といった感じです。

 

また、VIOは医療レーザーでもかなりしつこく生え残る部分なので

確実にハイジニーナ脱毛(VIO脱毛全処理完了)にしたい場合は

美容電気脱毛(ニードル脱毛)がオススメです。

 

また、口周り(女性のヒゲ)なんかもしつこい部分なのでニードルがおすすめです。

 

TBCのスーパー脱毛・美容電気脱毛・ニードル脱毛でVIOと顔の全脱毛を目指すレポートです。

⇒美容電気脱毛でVIOと顔を実際に脱毛してみたレポート生地はこちらです。

 

まとめ

 

肌が強かったり痛みを感じにくかったりする人には(従来の)医療レーザーがおすすめで、

肌が敏感で痛みに弱い人にはエステ脱毛でコツコツ毛を減らすのがおすすめです。

 

そして医療の蓄熱式脱毛はエステ脱毛と医療脱毛の良いとこどりです。

 

毛の生えている場所や肌質によって、

柔軟に医療とエステを使い分けて脱毛完成を目指します。